Home » kihokonohousyuu sitainooukoku: bokuha kihokonobaginawotootte sitainooukokuniitta sokoniha husiginakairakusekaigasonnzaisiteita by hirosakoreijianndohirosakoreiko
kihokonohousyuu sitainooukoku: bokuha kihokonobaginawotootte sitainooukokuniitta sokoniha husiginakairakusekaigasonnzaisiteita hirosakoreijianndohirosakoreiko

kihokonohousyuu sitainooukoku: bokuha kihokonobaginawotootte sitainooukokuniitta sokoniha husiginakairakusekaigasonnzaisiteita

hirosakoreijianndohirosakoreiko

Published January 20th 2015
ISBN :
Kindle Edition
58 pages
Enter the sum

 About the Book 

キホコは、バギナの妖怪(バギナ妖怪)であった。バギナ妖怪は、自分の性器を他人に晒し、そこを出入りさせ、そのうちに出られなくして、自分の体に、取り込んでしまう。死体の王国は、ある種の人間にとっては、魅力あるところであった。ヒキチ人は、この、バギナ妖怪と共謀して、人を死体の王国に連れ込んでは、人の内臓を取って食べていた。僕は、この妖怪に騙されて、死体の王国へ行った。キホコを探して、この王国をさまよっている内に、ヌヒンドなどの、死人と出会う。そこで知り合った死人の助けを得て、僕はやっと、Moreキホコは、バギナの妖怪(バギナ妖怪)であった。バギナ妖怪は、自分の性器を他人に晒し、そこを出入りさせ、そのうちに出られなくして、自分の体に、取り込んでしまう。死体の王国は、ある種の人間にとっては、魅力あるところであった。ヒキチ人は、この、バギナ妖怪と共謀して、人を死体の王国に連れ込んでは、人の内臓を取って食べていた。僕は、この妖怪に騙されて、死体の王国へ行った。キホコを探して、この王国をさまよっている内に、ヌヒンドなどの、死人と出会う。そこで知り合った死人の助けを得て、僕はやっと、元の世界に帰ることが出来たのだ。これは僕が、死体の王国に行って、地上の世界に戻って来るまでの話である。